施術後の注意点 第2回(全4回)

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

当センターでは、B/S SPANGE(ビーエススパンゲ)という矯正用プレートを爪の表面に貼ることで
爪の矯正を行います。

プレートは、3~4週間で交換(貼り換える)必要があり、途中で外れないための注意点を4回にわたりご説明します。

今回は第2回です。

注意点②『爪切りの使用を避ける』

プレートは、爪の形(アーチ)に沿って装着しており、ぴったりとくっついています。

そのため、爪がゆがむと、そのひずみが原因ではがれてしまう可能性があります。

爪がゆがむ例として、『爪切り』があります。

普段何気なく使用している爪切りですが、刃の部分は水平ですので、爪を切る時にどうしても爪のアーチが崩れ、歪みが出ます。

そうすると、爪とプレートの間にひずみが生じ、はがれる原因となってしまいます。

もうひとつ、爪切りの使用を避けてほしい理由があります。

矯正中は、爪が正しい形になるように、当センターにて形を調整いたします。

ご自身で爪を切られる場合、誤った切り方をしたり、パチッと切った時に勢いで割れてしまうなどのリスクがあります。

そうすると、矯正の妨げとなり、期間が長引いてしまうことがありますので、爪切りは使用しないでください。

ただし、次回の施術(4週間後)まで伸ばし続けると、長くて気になることもあると思います。

靴下やストッキングが爪に引っかかるなど、気になる場合は、爪切りではなく、爪ヤスリで気になる部分を削るようにしてください。

爪ヤスリを持っていないという方は、爪切りの裏についていることが多いですので、それを使用してください。

もしはがれてしまった場合は・・・

修正が可能ですので、なるべくその日のうちにご連絡ください。

その他、施術後にご不安なことがあれば、いつでもご連絡ください。

★矯正方法についてはこちらをご覧ください。
『矯正方法について』

★他の注意点はこちらからご覧ください。
施術後の注意点 第1回(全4回)
施術後の注意点 第3回(全4回)
施術後の注意点 第4回(全4回)

巻き爪を防ぐ爪の切り方もアドバイスします。
横浜巻き爪センター
045-560-1723