施術後の注意点 第3回(全4回)

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

当センターでは、B/S SPANGE(ビーエススパンゲ)という矯正用プレートを爪の表面に貼ることで
爪の矯正を行います。

プレートは、3~4週間で交換(貼り換える)必要があり、途中で外れないための注意点を4回にわたりご説明します。

今回は第3回です。

注意点③『長時間の入浴、プール、サウナは控える』

プレート装着時には、爪とプレートの間に隙間ができないように、しっかりと密着させています。

また、施術の最後には、はがれないようにコーティングをしています。

このコーティングは、防水も兼ねていますので、施術直後から、シャワーを浴びる、体を洗う、入浴などが可能です。

ただし、入浴に関しては、長時間は避けてください。

爪は皮膚の一部なので、長くお湯につかっていると、指先が水分を含んでふやけるのと同じで、爪も柔らかくなってきます。

そうすると、爪からプレートに水分が伝わってしまい、プレートがはがれやすくなってしまいます。

「じゃあ何分ならいいの?」

これは個人差があるので、具体的に何分とお答えするのが難しいのですが、水分に触れている時間が長ければ長いほど、はがれるリスクが上がると考えてください。

お風呂と同様の理由で、プール、海も控えてください。

健康促進やリハビリなどでプールに通っている方は、施術担当者までご相談ください。

もうひとつ、サウナもできるだけ控えてください。

サウナはお湯や水に浸かっているわけではありませんが、大量にをかきます。

汗は体内から噴き出るものですので、やはり、プレートがはがれる原因になります。

もしはがれてしまった場合は・・・

修正が可能ですので、なるべくその日のうちにご連絡ください。

その他、施術後にご不安なことがあれば、いつでもご連絡ください。

★矯正方法についてはこちらをご覧ください。
『矯正方法について』

★他の注意点はこちらからご覧ください。
施術後の注意点 第1回(全4回)
施術後の注意点 第2回(全4回)
施術後の注意点 第4回(全4回)

 

水泳部の方、ジムでプールに入る方は、ご相談ください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723