「痛いから切る」の前にご相談ください!

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪の方と話をすると、かなりの割合で、「痛くなったら切ってました。」というのを聞きます。

 

これは、爪が巻いて爪の角が痛くなると、角を切ってしまうということなのですが、この場合、爪の生え方そのものは変わっていないので、伸びてくるとまた痛くなって切るというのを繰り返すことになってしまいます。

 

今日来られた方も、左足親指の爪の角が痛くなり、爪切りで角を深く切るのを何度か繰り返したそうです。

その結果、左だけ丸く巻いてしまい、自分では切れなくなってしまったとのこと。

 

もちろん、矯正で改善することはできるのですが、一番大事なのは、巻き爪にならないように予防することです。

 

爪が当たって痛いといって、爪を切ってしまうと、一時的に痛みはなくなりますが、根本的な解決にはなっていません。

むしろ悪化するリスクを増やしてしまいます。

 

「痛いから切ろう」と思っても、その前に一度ご相談ください。

 

当センターでは、切らない、痛くない矯正で爪の形を戻していきます。

 

爪切りのアドバイスも行っています。
横浜巻き爪センター
045-560-1723