爪って何科に行けばいいの?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

皆さん、爪に異常、異変がある時、病院の何科へ行けばいいかご存知ですか?

 

「どこに行けばいいかわからなくて」

というのをよく聞くので、今日はそれを簡単にご説明したいと思います。

 

爪とは皮膚の角質層(角層)と呼ばれる部分が変化し硬くなったものであり、皮膚の仲間なのです。

 

つまり、爪の疾患は、皮膚科の取り扱いとなります。

 

たとえば、

・爪が白く濁ってきた

・爪が緑色に変色してきた。

・爪の表面がでこぼこしてきた

・爪が浮いてきた(剥がれてきた)

などの症状がある場合は、まず皮膚科へ相談してください。

 

爪白癬や爪甲剥離症、緑膿菌の感染など、病気や感染症の場合は、早期の発見、治療が大切です。

 

巻き爪の方は、当センターで矯正可能ですが、上記の症状を併発している場合は、先に皮膚科を受診して頂く必要がある場合があります。

 

爪に関して不安な点があれば、一度当センターにご相談ください。

 

 

巻き爪矯正専門
横浜巻き爪センター
045-560-1723