爪白癬(爪水虫)で内服薬が使用できない方へ | 横浜巻き爪センター

爪白癬(爪水虫)で内服薬が使用できない方へ

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

爪のトラブルで代表的なもののひとつが巻き爪ですが、もうひとつ、爪白癬(つめはくせん)という症状があります。

爪白癬は、白癬菌という、水虫の原因となる菌が爪に感染した状態の爪のことで、爪水虫と呼ばれることもあります。

横浜巻き爪センターでは、爪白癬に対してお灸による施術を行っております。

お灸の熱により、直接白癬菌を死滅させることで、感染のない状態に戻していきます。

詳しくはこちらをご覧ください。
爪白癬(爪水虫)の施術について

一般的に、爪白癬の治療は、内服薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)で行われますが、薬の効果には個人差があります。

この薬物療法にお灸の施術を併用することで、より効果的に症状を改善することができます。

お灸は、体への副作用もありませんし、じんわり温かい程度の熱を感じるだけですので、早く改善したい方にはおすすめです。

内服薬に関しては、薬の作用が強いために、体(主に肝臓)への副作用を考慮し、医師から服用の許可がでない場合があります。

そのような方でも、お灸であれば施術することが可能ですので、まずはご相談ください。

※皮膚科などの医療機関で爪白癬との診断を受けていない方は、先に検査を受けてください。

爪白癬のお悩みはお気軽にご相談ください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723