息子に言われて巻き爪だと気づきました。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

今日は、69歳の男性が巻き爪の矯正に来られました。

状態を確認すると、右足の親指が中度、左足の親指が軽度の巻き爪でした。

ただ、お話をお聞きすると、今まで痛くなったことがないということでした。

そして、巻き爪を医療機関などで診てもらったこともないとのこと。

 

そこで、

「今回はなんで矯正しようと思ったんですか?」

と聞いたところ、

「巻き爪だなんて思ってなかったけど、息子に『親父この爪の形なんだよ』と言われて、そうなんだと気づきました。」

ということでした。

 

たしかに、痛みがないとなかなか爪なんて気にしませんよね。

ましてや、他人の爪と比べるなんて、家族間でもあんまりしないのではないでしょうか。

 

当センターにも、人から言われて気づいたという人が結構来ます。

そして、それは男性が多いです。

今回はご家族の方が気づかれましたが、友人に言われてくる方もいらっしゃいます。

 

逆に女性は、おしゃれなサンダルを履いたり、ネイルをしたりと、爪を見られるor見る機会が多いので、「形が気になったので」と自分から来られる方が多いです。

 

巻き爪は痛みが出ないケースもありますが、明らかに形が巻いている場合は、後々痛みが出る可能性は十分あります。

また、巻けば巻くほど爪の切り方も難しくなり、自分では切れなくなることもしばしば。

 

当センターの症例紹介をご覧いただき、痛くないけど同じ形をしているという方は、巻き爪の可能性があります。

casebn (1)

 

 

 

 

今後悪化してしまう可能性もありますので、お気軽にご相談ください。

 

ご家族の方からの相談もお受けしております。
横浜巻き爪センター
045-560-1723