巻き爪の矯正ができるところを探す時のポイントって?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

今日は、「とにかく痛い、なんとかしてほしい」という女性が来られました。

痛いのは、両足の親指、人差し指、中指の計6本。

爪が伸びてくると、皮膚にくい込んで痛くなるということでした。

今までは、痛いと爪をきる、というのを繰り返してきたそうですが、「そろそろ自分で爪を切るのも大変になってきたので」ということで、どこかないかと探したそうです。

さらにお話を聞くと、なんと小学生のころからこの痛みに悩んでいるとのこと。

爪の状態を確認すると、やはり角が巻いてくい込んでいました。

周りの皮膚も少し腫れてるような感じで、「つらい」というのが一目でみてわかるほどでした。

 

今回は、巻き爪を何とかしたいと、病院や治療院などを探したそうですが、その際に「痛くない」というのを重視して探したそうです。

理由を聞くと、

「病院だと、手術やワイヤーなどで処置するところが多くて、治療中の爪の画像などを見ても、明らかに痛そうだから、別の方法を探したんです。痛くないのが良かったので。」

ということでした。

 

たしかに、できれば痛くない方がいいに決まってますよね。

当センターでは、手術や切開などの外科処置は行いませんので、矯正中に痛みが出ることはほとんどありません。

 

少しでもご不安なことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター
045-560-1723