深爪でも矯正できます。爪が伸びるのを待つ必要はありません!

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

先日、こんな方が来られました。

 

「巻き爪が痛くて皮膚科でみてもらったんですけど、『爪が短すぎるから、伸ばしてから来てください』って言われたんですよ。でも痛いので、何とかできないかと思って、ネットで探したらここが出て来たんです。」

 

皮膚科などで行われるワイヤー矯正は、爪がある程度伸びた状態で、爪の角に穴をあけてワイヤーを通す必要があります。

そのため、深爪の状態だと、伸ばさないと矯正できないということです。

 

でも、巻き爪で苦しんでいる方に、爪が伸びるまで待ってもらうのは、とてもつらいと思います。

 

横浜巻き爪センターで行うB/Sスパンゲ法は、爪を切ったり、穴をあけるなど、爪を傷つけることは一切しません。

爪の表面に、特殊なプレートを装着するだけですので、爪が短くても長くても、すぐに矯正を始められます。

もちろん、矯正しながら靴も履けますし、運動もできます。

 

もし、今巻き爪のつらい痛みでお悩みの方がいましたら、一度ご相談ください。

深爪の状態でも大丈夫です!

 

巻き爪矯正専門のスタッフが対応いたしますので、電話でもメールでも、お気軽にお問い合わせください。

 

平日は夜9時まで
横浜巻き爪センター
045-560-1723