ティッシュを詰める目的は痛みを和らげることであり、巻き爪の改善にはなりません。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

皆さんは、爪の角が痛くなったらどうしていますか?

 

・爪を切る

・ネットで何かいい方法がないか調べてみる

・ティッシュやコットンを詰める

・テーピングする

・痛みが消えるまでがまんする

・病院に行く

 

おそらくこのような選択肢が浮かんでくると思います。

今日は、この中の「ティッシュやコットンを詰める」について触れてみたいと思います。

 

ではここで質問です。

今までにティッシュを詰めたことのある方、なぜ詰めたのですか?

 

答えはおそらく、痛いからですよね。

爪が食い込んでいるので、直接皮膚にくい込まないように詰めた方がほとんどだと思います。

 

今回のポイントはまさにこれです。

ティッシュやコットンを詰める目的は、「痛みを和らげる」ことであり、実際その効果はあります。

しかし、それ以上の効果はなく、言い換えれば、それで巻き爪を改善することはできません。

 

巻き爪は、名前の通り、爪が巻いてしまっている状態です。

ティッシュを爪と皮膚の間に詰めれば、緩衝材の役割を果たし、一時的に痛みを和らげることはできますが、それだけなのです。

痛みの原因である巻き爪を改善するには、爪の生え方を広げるように矯正してあげなければいけません。

 

ティッシュやコットンを詰めて様子を見ている方は、一度ご相談ください。

 

爪の根元から矯正が可能です。
横浜巻き爪センター
045-560-1723