「ワイヤーと違って生活に支障がない」(お客様の感想です)

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

先日、学生の子が矯正を受けに来ました。

その子は、以前ワイヤーで巻き爪矯正を行ったのですが、再発してしまったようなのです。

当センターでは今回で3回目の施術だったのですが、その際に、

「ワイヤーだと普段の生活に支障が出ないから楽でいい」という感想を頂きました。

 

どんな支障が出ていたのか聞いてみると、

「ワイヤーが爪から飛び出て、靴下に引っ掛かるし、危なそうで怖い。しかも、爪が割れると伸びるまで待たないと再開できない」

ということでした。

voice

 

実は私も、ワイヤーで矯正をしている方の爪を見たことがあります。

ワイヤー矯正にもいくつか種類があるのですが、私が見たものは、爪の両端に穴をあけて、そこに1本のワイヤーが通してあるだけでした。

たしかに、その状態だと、ワイヤーが露出した状態で、危ないと感じました。

 

当センターで行う矯正は、爪の表面に特殊なプレートを貼るだけです。

普段の生活はもちろん、見た目もほとんど目立ちませんし、靴下やストッキングもいつも通り履くことが可能です。

 

詳しい矯正方法についてはこちらをご確認ください。
【矯正方法について】

 

ご不明な点があればいつでもご相談ください。

 

平日土曜は朝10時から夜9時まで受付
横浜巻き爪センター
045-560-1723