爪が短い状態(深爪)でも、すぐに矯正できます。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「皮膚科でみてもらったら、ワイヤーで矯正出来ると言われたんですけど、『爪が短いから5ヶ月たったら来てください』って言われたんですよ。」

 

今日初めて当センターに来られた方が、こんなことを仰っていました。

この方は、昔から深爪をしていて、それが原因で巻き爪になり、痛みが出てきました。

皮膚科の先生に相談したところ、先ほどのようなことを言われたそうで、さすがに5ヶ月は待てないということで、色々探し、当センターを見つけたのだとか。

 

皮膚科や整形外科などで行われるワイヤー矯正は、爪の白い部分の角に穴をあけてワイヤーを通すことで、爪を広げるため、深爪の人は爪が伸びるまではすぐに矯正できないというデメリットがあります。

 

「でも爪が伸びると痛くなるから、伸びるまで待つなんてできない」

 

こう思われる方もいると思います。

そのような方は、一度当センターへご相談ください。

横浜巻き爪センターで行う矯正は、B/Sスパンゲ法という、爪を切らない、痛くない矯正法であり、深爪の状態でもその日からすぐに矯正することが可能です。

 

矯正しながら、爪の形を整えていきますので、爪のケアはお任せください。

 

 

爪が短くても矯正可能です。
横浜巻き爪センター
045-560-1723