爪が食い込んで痛くても、だましだまし過ごしていました。

20150722-1

【お名前】 S.Hさん

【年齢】 56歳

【性別】 女性

【職業】 飲食カフェ

【お客様の声】
立ち仕事のせいか、足に合わないくつを気にせずはいていたからか、爪が食い込んで痛くても、だましだまし過ごしていました。

食い込む部分を爪切りでむし取るようにカットしていくうち、自分の足が巻き爪になっておりことに気付き、痛みも出始めました。

もうそうなったら、爪を切る事も、しまいには解わることもできなくなり、巻いた爪の回りが、はれて血がにじんでいるのを見た時には閉口しました。

こちらはネットで調べて足を運びましたが、思っていた以上の効果、というか成果にとても感動しています。

1回目の治療から実感できたことがより一層嬉しく、遠方からワクワクしながら通っています!!

【施術担当者より一言】
カフェで働いているSさんは、1日中立ちっぱなしのため、足への負担も大きくなっていました。

さらに、サイズの合わない靴を履くことで、爪が圧迫されて指に食い込み、巻き爪になってしまいました。

巻き爪は、しっかりと爪の形を矯正すれば、きれいな形に戻りますが、ほとんどの方は、Sさんのように「痛くなったら爪を切る」というのを繰り返してしまいます。

それが巻き爪を悪化させる原因になってしまうんですね。

幸いにも、軽度の巻き爪でしたので、矯正を始めてすぐに痛みも引いていったということで、本当に良かったです。

今後は、爪の切り方などに気をつけて頂き、爪がくい込みにくい環境を作って頂けると良いです。

 

他にもたくさんの方から巻き爪矯正の感想を頂いておりますので、ぜひご覧ください。

voice_bnr

 

※個人の感想であり、結果を保証するものではありません。