陥入爪の原因について

陥入爪は深爪の方に発症しやすい

爪の白い部分を全部切っていませんか?

 

爪を短くし過ぎると、こちらの写真の爪のように、爪の端が皮膚の中に埋もれてしまいます。

爪切りで切った爪の断面は、私たちが思う以上に鋭くなっています。

 

その状態で歩いたり走ったりすれば、爪が皮膚に食い込むような刺激が起こり、皮膚を傷つける可能性があります。

 

その結果、赤く腫れる、痛みが出る、化膿するといった症状が出ます。

 

 

また、爪をきれいに切ったつもりでも、角に切り残しがあると、それがトゲのように皮膚に刺さることで、炎症が起きることもあります。

 

 

巻き爪を併発している場合は、爪切りで端まで切るのが難しく、端っこをむしりとるように手で引きちぎる方もいらっしゃいます。

 

これは爪の断面がささくれ状になったり、皮膚を傷つける原因となります。

 

 

これらの原因を改善することができれば、つらい陥入爪の痛みからも解放されます。

 

しかし、

 

一度痛みが出てしまうと、ほとんどの方がやってしまう“ある行動”があります。

 

それが陥入爪を悪化させてしまうのですが、自分がやっているのかどうか、ぜひ次のページでご確認ください。

 

1⃣ 2 3⃣

 

bnr2