「もう痛い治療はしたくない」という方が来られました。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

今日、初めて来られた男性(左足親指の巻き爪)とこんな会話がありました。

 

私「このセンターはどうやってお知りになったんですか?」

男性「巻き爪の治療で痛くないやり方をしているところを探して見つけました。実は以前に右足の親指が巻き爪になって、皮膚科で治療してもらったことがあるんですが、それがすごく痛くて、それで色々探しました。」

私「そうだったんですか。ちなみにその時はどのような治療を受けられたんですか?」

男性「爪の端っこを根元まで切りました。見てもらったその日に、『これは切るしかないね』と先生に言われ、その場で麻酔とかもなくバチッと切られました。」

私「それ、すごく痛かったんじゃないですか?」

男性「はい、耐え難い痛みで、実は今でもトラウマです。なので、もうあれはしたくないと思って、切らない方法で探しました。」

 

と、こんな内容でした。

 

皮膚科などの医療機関では、手術や爪の切除などを行うこともありますが、痛みを伴う場合も多く、今回の男性のように、「痛くない方法がいい」と、当センターへ来られる方は結構多いです。

 

横浜巻き爪センターでは、B/Sスパンゲ法という矯正法を採用していますが、これは、みなさまのお体に最も負担のない形で矯正の効果が出せるという利点もあり、採用しています。

 

もし、できるだけ痛くないように矯正したいという方は、お気軽にご相談ください。

 

切らない、痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター
045-560-1723