矯正しながらスキーを楽しむことができます。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

先月初旬に来られた女性は、足の薬指の巻き爪でした。

今までも痛みがあったようなのですが、12月末にスキーをする予定があるということで、それまでに何とかしたいと来院されました。

 

爪の状態を確認すると、指に深く食い込んでおり、上から圧迫すると痛みが出る状態でした。

話を聞くと、先の細い靴だと普通に歩いても痛みが出るということで、スキーブーツを履いた時に痛くならないかが不安ということでした。

 

当センターでは、切らない、痛くない矯正法を採用していますが、速効性があるのも大きな特徴です。

 

なんとかスキーに間に合わせたいということと、これ以上悪化させないために、早速矯正を始めることになりました。

 

本日、その女性が、矯正用のプレートを交換するために来院されました。

スキーがどうだったか尋ねると、「全然痛くなかったです。プレートを貼ってもらってからすぐに痛くなくなって、普段も仏に歩けるようになりました。」ということでした。

 

先ほど、矯正法の特徴について少し触れましたが、もうひとつ大きな特徴があります。

それは、「矯正しながらスポーツができる」ということです。

今回のように、スキーはもちろん、クラブ活動のように激しいスポーツも大丈夫です。

 

「スポーツが趣味で楽しみたいけど、爪が痛くて本気でプレーできない」という方は、お気軽にご相談ください。

 

矯正しながらフルマラソンも走れます。
横浜巻き爪センター
045-560-1723