「爪が痛いから大きい靴を履く」は正しいでしょうか?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪になると、爪が指に食い込んで痛くなります。

きっとこの記事を読んでいる方の中にも、つらい痛みで悩んでいる方がいると思います。

 

毎日たくさんの方が来られますが、「普段痛くならないように何かしてますか?」と聞くと、「大きいサイズの靴を履いています」という方が結構いらっしゃいます。

 

さて、この「大きいサイズの靴を履く」というのは、正しいでしょうか?

みなさんどう思いますか?

 

実は、これは間違いです。

 

サイズの大きな靴を履くと、つま先が窮屈にならないので、締めつけられることがありません。

そのため、履いてすぐは痛みが出ることはありません。

しかし、その状態で歩くと、靴の中で足が遊んでしまい、足が前にずれてしまいます。

すると、いつの間にかつま先が窮屈になっている、なんてことはよくあります。

 

また、ゆるい靴というのは、脱げやすいです。

そのため、脱げないように、足の指で靴底をつかむような動きをするなど、余計な力が入り、つま先への負担が増えてしまいます。

 

結果として、爪にも負担が大きくなり、巻き爪を助長することになってしまいます。

 

従いまして、安易に大きすぎる靴を履くのは良くないです。

 

次回は、どんな靴を履けばいいのかについて、書きたいと思います。

 

靴の履き方もアドバイスしています。
横浜巻き爪センター
045-560-1723