ティッシュやコットンを指と爪の間に詰めている方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「爪が食い込んで痛い」

こんな時、あなたならどうしますか?

 

おそらく、「ティッシュを丸めて、爪と指の間に詰めている」という方がいると思います。

ティッシュでもコットンでも構わないのですが、これをすることで、痛みって軽くなりますよね。

なぜなら、痛みが出ているのは、爪が指に当たっているからで、そこにティッシュを挟むことで、クッションの役割を果たしてくれるからです。

 

ただ、これにはひとつ落とし穴があります。

それは、根本的な改善につながらないということです。

 

爪が指に食い込んでしまうのは、巻き爪になっている可能性が高いです。

巻き爪というのは、爪の根元から全体的に巻いていますので、いくら詰め物をしても、一時的に痛みが緩和されるだけで、取り除くとまた食い込んでしまいます。

したがって、ティッシュやコットンを詰めることは、痛みの軽減にはつながりますが、ずーっと続けなければいけないのです。

もし、今痛みを感じている方は、それはあくまでも応急処置ととらえてください。

 

根本的な改善をするためには、爪を根元から広げる矯正が必要となります。

既に痛みがある、痛みが強くなってきている、という方は、早めに爪の矯正をすることをおすすめいたします。

 

横浜巻き爪センターでは、「切らない」「痛くない」矯正を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

爪の専門家
横浜巻き爪センター
045-560-1723