ストッキングを履くと痛みが出るという方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

今日は、巻き爪の痛みをなんとかしたいという女性が来院されました。

普通に歩いたり運動するときは痛くないのに、「ストッキングを履くと痛い」のだそうです。

爪自体は、軽度の巻き爪だったのですが、それでも明らかに巻いているのが分かるくらいの形でした。

指にくい込んで圧迫するほどのものではなかったので、普段は痛みが出るほどではないのですが、ストッキングを履くと、つま先が締めつけられた状態になり、また、指同士も密着するので、爪が横からの圧迫を受けやすくなります。

それにより、通常よりも深く爪が食い込み、痛みを感じるようになるのです。

女性の場合は、仕事でストッキングを履かなければいけないという方も多く、同じような症状の方はたくさん来られます。

 

もし、この記事を読んでいただいてる方の中に、「私も痛い」という方がいらっしゃいましたら、早めに矯正することをおすすめいたします。

 

当センターで行う巻き爪矯正は、B/Sスパンゲ法と呼ばれるもので、透明な薄いプレートを爪の表面に貼るだけです。

ワイヤー矯正のように、ストッキングに引っ掛かるということもありませんので、今まで通りの生活が可能です。

 

当センターには女性スタッフもおりますので、お気軽にご相談ください。

 

土日も夜9時まで
横浜巻き爪センター
045-560-1723