爪の角、爪切りをグッと入れて切っている方はぜひご覧ください。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

爪の切り方を間違えると、巻き爪になることがありますが、巻き爪以外にもよくないことが起こる可能性があります。

 

普段から深爪をしている方、特に、爪の角まできれいに切らないと気が済まないという方はいませんか?

巻き爪の方は、爪の角が奥の方にあって、爪切りをねじ込むようにして爪を切ろうとした経験はありませんか?

 

じつはそれ、すごく危ないです。

端まできれいに切れればいいのですが、切ったつもりが切れていなかった場合、切り残しができてしまいます。

その切り残しが、トゲのようになり、指に刺さると、痛みがでたり、出血したりします。

また、切った直後は大丈夫でも、爪が伸びてくると切り残した部分が指に刺さって痛くなることもあります。

 

下の図を見て頂ければイメージしやすいかと思います。

20160225

 

また、切り残しが無くても、爪切りで切った直後の爪は、断面が意外と鋭く、軟らかい皮膚を傷つけやすいです。

そのせいで痛くなって、また爪を短くすると、今度は巻き爪になる可能性も出てきます。

 

横浜巻き爪センターでは、正しい爪の切り方もお伝えしていますので、ご不安な方はお気軽にご相談ください。

 

爪の専門家
横浜巻き爪センター
045-560-1723