爪が短い方、伸びるまで待たなくてもすぐ矯正を始められます。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪の矯正には様々な方法があります。

たとえば、皮膚科ではワイヤーによる矯正を行っているところが多いです。

 

ワイヤーによる矯正とは、爪の両端先端に小さな穴をあけて、そこにワイヤーを通して爪を広げる方法です。

 

しかし、この方法にはいくつかデメリットがあり、そのひとつに、「爪が伸びていないとワイヤーの装着ができない」というものがあります。

穴をあけるのは、爪の白い部分(爪切りで切れる部分)です。

そのため、深爪の状態では、施術をすることができません。

その場合、爪が伸びるまで待たなくてはいけないのですが、すでに痛みがある場合は、その痛みに耐えながら待つ必要があり、かなり辛いです。

 

当センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、そのような辛い思いをせずに、矯正を始めることが可能です。

爪の表面に特殊なプレートを装着するだけですので、爪が伸びているかどうかは関係ありません。

また、爪を傷つけることもありませんので、体への負担も最小限で済みます。

 

「痛い、どうにかしたい!でも爪が伸びるまで待つなんて無理!!」という方は、一度ご相談ください。

矯正を始めて、即日効果が出る方もとても多いです。

 

巻き爪矯正の専門スタッフがしっかりとサポートさせて頂きます。

 

土日も予約受付中
横浜巻き爪センター
045-560-1723