「痛いから切る、でも伸びたらまた痛くなる」という方は早めにご相談を!!

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「爪が食い込んで痛いけど、切ったら痛くなくなる。でも、爪が伸びたらまた痛くなる」

こんな経験をされたことのある方はいませんか?

 

実はこれ、当センターに来院される方の半分以上の方が経験されていることなんです。

なぜ痛みが繰り返すのか?

この答えを知らないために、多くの方が「痛い⇒切る」というのを繰り返してしまうのです。

いわゆる対症療法(※)と呼ばれるものです。

 

※対症療法とは、症状の原因を取り除くのではなく,その症状を和らげたり,なくしたりする治療法のことです。

今回重要なのは、「原因を取り除くのではなく」という部分です。

つまり、痛みがでる原因がまだ残っているということなのです。

 

この対症療法を繰り返すことは、【負の巻き爪スパイラル】を引き起こします。

今回はこの【負の巻き爪スパイラル現象】について、順を追って簡単に解説をしていきたいと思います。

 

①痛みが出る理由

これは簡単です。

爪が皮膚に食い込んでいるからです。

爪の角が巻いて食い込むことで、皮膚が圧迫されて痛くなります。

 

②爪を切ると痛みがなくなる理由

これも簡単です。

食い込んだ爪を切ることで、爪の角が皮膚に当たらなくなるので、皮膚への刺激がなくなります。

そして、痛みのない状態になります。

 

③爪が伸びるとまた痛くなる理由

痛くなる理由は、①で説明した通り、爪が食い込むからです。

しかし、なぜまた食い込んでしまうのでしょうか?

答えは、爪の生え方が変わっていないからです。

巻き爪の方は、ほとんどの方が爪の角に痛みを訴えますが、実は、爪の根元から巻いているケースが多いです。

その場合、もともと巻いた形で生えてきているので、いくら角を切っても、伸びると同じ形に戻ります。

それが、痛みの再発につながっています。

 

この負の巻き爪スパイラルですが、単に同じ形で食い込むのを繰り返すだけならまだいいのですが、そうではありません。

爪の角が短くなると、角が周囲の皮膚に覆われ、皮膚からの圧迫を受けやすくなります。

この状態が長く続くと、爪はどんどん内側に押されて、次第に巻きが強くなっていきます。

つまり、悪化します。

もし、この記事を読んでいる方で、「痛いから切る」を繰り返している方がいましたら、それはもう負の巻き爪スパイラルの入り口に立っています。

 

横浜巻き爪センターで行っている巻き爪矯正は、爪の根元から形を変えることができます。

しかも、爪を傷つけずに行えますので、体への負担や日常生活への支障もほとんど出ません。

自分の爪が気になるという方は、お気軽にご相談ください。

専門スタッフが対応いたします。

 

巻き爪の根本的な原因へのアプローチを行います
横浜巻き爪センター
045-560-1723