B/Sスパンゲ法は、爪が伸びていなくても即日矯正可能です。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪を改善する方法はいくつかあります。

たとえば、皮膚科では、ワイヤーによる矯正をするところが多いようです。

ワイヤーによる矯正も種類があるのですが、多いのは、爪先端の白い部分(爪切りをする部分)の両方の角に穴をあけ、そこにワイヤーを通す方法です。

 

しかし、この方法には欠点があります。

それは、「爪が伸びていないとできない」ということです。

ワイヤーを通す穴をあける必要があるため、ある程度爪が伸びていないと、穴をあけることができません。

例えば、「爪が食い込んで痛いから、短く切ってしまった」という方は、その状態で皮膚科に行っても、「伸びるまで待ってください」と言われる可能性が高いです。

穴をあけられるまで伸ばすとなると、1ヶ月半から2ヶ月くらいはかかるでしょうか。

その間、当然爪の矯正をすることはできません。

また、「爪が伸びてくると痛い」ですよね?

その痛みに耐えなくてはなりません。

 

横浜巻き爪センターで行うB/Sスパンゲ法は、深爪の状態であっても、即日矯正を始めることが可能です。

爪に穴をあけたり、切除するといったことは一切行いませんので、爪に負担となることもありません。

なにより、多くの方が矯正を始めてすぐにその効果を感じられています。

 

よろしければ、当センターで矯正を受けられた方の感想をご覧ください。

voice_bnr

 

すぐにでもなんとかしたい、という方はお気軽にご相談ください。

 

切らない、痛くない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター
045-560-1723