痛みが無くても巻き爪になっている可能性があります。 | 横浜巻き爪センター

痛みが無くても巻き爪になっている可能性があります。

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪になると、爪が皮膚に食い込むので、鋭い痛みが発生します。

しかし、全員に痛みが出るわけではありません。

 

当センターに来院される方でも、「痛みは全くない」という方はいます。

 

「痛くないならそのままでもいいんじゃない?」と思われた方、そのままにするのは少し危険かもしれません。

爪が巻けば、少なからず皮膚に食い込んで刺激します。

まだ痛みが出ていないだけで、今後痛みが出る可能性はゼロではありません。

しかし、痛みが出てからでは、皮膚が炎症を起こしてしまう可能性もありますので、できれば痛みが出る前に矯正することをお勧めいたします。

 

また、巻き爪になると、爪のアーチが少し盛り上がりますので、靴に当たりやすくなります。

その結果、爪が割れやすくなることもありますので、やはり見た目で明らかに巻いている場合は、矯正をお勧めいたします。

 

爪の矯正は、B/Sスパンゲ法という「切らない」「痛くない」方法ですので、普段痛みを感じないという方は、当然施術中に痛みが出ることもありません。

矯正方法について>>Click!!

 

「これは矯正したほうがいいのかな?」という不安や疑問がある方は、お気軽にご相談ください。

 

痛くない巻き爪矯正を行っています。
横浜巻き爪センター
045-560-1723