爪白癬には副作用のないお灸がおすすめです!! | 横浜巻き爪センター

爪白癬には副作用のないお灸がおすすめです!!

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪以外の爪のトラブルに、爪白癬(つめはくせん)があります。

爪白癬とは、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が爪に感染した状態です。白癬菌は、足の水虫の原因にもなる菌です。

 

爪白癬になると、爪に以下のような変化が現れます。

・爪の一部または全体が白く濁った色になる

・爪の表面がデコボコしてくる

・爪が厚くなる

・爪がもろくなる

・爪が変形する

 

ただし、感染初期は目立った変化がないため、少しでも違和感を感じたら、早めに医療機関(主に皮膚科)での検査を受けて頂くことをお勧めいたします。

 

爪白癬と診断されると、薬での治療が始まります。

爪の状態や体調に合わせて、飲み薬か塗り薬が出されますので、医師の指示に従い、治療を行ってください。

 

また、治療の際に、「なるべく薬は使いたくない」という方もいると思います。

その場合は、「お灸」という選択肢があります。

 

白癬菌は、熱に弱いという性質がありますので、お灸の熱により、白癬菌の繁殖を防ぎ、症状を改善していくことが可能です。

 

お灸というと、皮膚の上で何か燃やして熱そう、というイメージがあるかもしれませんが、実際は、じんわりと暖かくなる程度です。

また、当センターでは、灸師(きゅうし)と呼ばれる国家資格保持者が施術を行いますので、ご安心ください。

 

「薬を使いたくない」という方だけでなく、「今の薬があまり効果が出ない」「とにかく早く良くしたい」という方も、お気軽にご相談ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

お灸による爪白癬の施術について>>Click!!

 

※爪に変色などの異常があっても、必ずしも白癬菌に感染しているとは限りません。気になる点がある方は、早めに医療機関で検査を受けることをお勧めいたします。

 

お灸に関するご質問はお気軽に
横浜巻き爪センター
045-560-1723