爪が巻いているだけでなく、変色している方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「巻き爪の痛みをなんとかしたい」という方、横浜巻き爪センターでは、「切らない」「痛くない」「即効性のある」巻き爪矯正を行っていますので、お気軽にご相談ください。

 

ただ、爪が変色している場合は注意が必要です。

もしかしたら、爪白癬(つめはくせん)かもしれません。

爪白癬とは、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が爪に感染した状態のことです。白癬菌は、水虫の原因となる菌でもあるため、爪水虫と呼ばれることもあります。爪白癬になると、爪が白濁色になるなど、色の変化が出てきます。

 

爪白癬の疑いがある場合は、爪の矯正ができない場合があります。

一番の理由は、医療機関での治療が必要となるためですが、それ以外にも理由があります。

 

爪白癬になると、菌感染が原因で爪が巻いてくることがあり、その状態で矯正をしても、効果が出ないことがあります。

また、菌感染が原因で爪の強度が落ちている(もろくなっている)可能性があり、矯正することで爪が割れてしまう可能性があります。

 

そのため、もし変色がある場合は、矯正の前に、皮膚科で検査を受けることをお勧めいたします。

 

「どうしたらいいかわからない」という方は、一度お問い合わせください。爪の状態を確認させて頂き、アドバイスさせて頂きます。

 

平日土日夜9時まで
横浜巻き爪センター
045-560-1723