ワイヤー矯正が再発しやすい理由とは?

こんにちは。

横浜巻き爪センターの青木です。



先週のブログで、ワイヤー矯正はその矯正のしくみ上、再発しやすいと話しましたが、今回はその詳細についてご案内します。

先週のブログをご覧頂けてない方は、こちらをご覧ください。

「重度の巻き爪でも矯正可能です。」>>Click!!

ワイヤー矯正が再発しやすいと言われる1番の理由爪の生え方の矯正ができないからです。


巻き爪で痛みを感じる方の多くは、爪の角が指に食いんでいるために痛みが出ています。

ワイヤー矯正は、食い込んだ爪の角に穴をあけて、そこにワイヤーを通して爪を開きます。

爪が開けば、食い込みも無くなるので、痛みも引いてきます。


しかし、巻き爪は角だけが巻いているのではなく、根元から巻いています。

ワイヤー矯正では爪の角(=爪の先端)は開いても、爪の根元の矯正は難しいのです。


そのため、爪の角が開いて痛みが緩和しても、根元の巻いた爪が数ヶ月して先端まで伸びてくると、また元の巻き爪に戻ってしまいます。

これがワイヤー矯正が再発しやすい理由です。



横浜巻き爪センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、爪の表面に特殊なプレートを貼るだけのシンプルな矯正法ですが、プレートの位置を自由に変えることができます。

つまり、爪の根元から先端まで、全体的に開くことが可能で、最終的には爪の生え方を変えていきます。

そのため、B/Sスパンゲ法はワイヤー矯正にくらべ、再発しにくい矯正法となっております。

過去にワイヤー矯正をして、再発してしまった方、なかなか巻き爪が改善しない方、お気軽にご相談ください。

また、B/Sスパンゲ法を受けられた方の感想も公開しておりますので、ぜひご覧ください。

voice_bnr

巻き爪の根本的な改善を行います。

横浜巻き爪センター

045-560-1723