どこからが巻き爪?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

当センターでは、メールによる無料相談を実施しております。

無料相談の中で比較的多い内容が、「これって巻き爪でしょうか?」というものです。

 

そもそも、巻き爪とは爪が横に巻いている状態のことを指します。

しかし、爪には本来少なからずアーチがあり、このアーチがどこまで巻いたら巻き爪となるのか、という明確な定義はありません。

 

ただ、

・他の爪と比べて明らかに巻いている

・以前はもっと平らだった(=最近変形してきた)

・痛い

といった変化を感じている方は、早めにご相談ください。

 

巻き爪になる原因は、遺伝や生活習慣など様々ですが、いずれの場合も、自然に良くなることはありません。

放置すれば、悪化する可能性があります。

良くても現状維持です。

 

特に、痛みがあるという方は注意してください。

爪の食い込みが強くなりすぎて、出血や化膿した場合、爪の矯正だけでなく、皮膚科で皮膚の治療が必要になることもあります。

 

また、巻き爪と一言に言っても、その巻き方にはいくつか種類があります。

文字通り、綺麗に丸く巻いてくるケースもあれば、ホッチキス針のように爪の側面だけ食い込むというケースもあります。

 

ですので、少しでも「あれ?」と感じた場合は、早めに専門家にご相談ください。

 

横浜巻き爪センターでは、巻き爪矯正専門のスタッフが皆様の爪や指の状態をお聞きし、具体的なアドバイスをさせて頂きます。

 

電話での相談はこちらへ>>045-560-1723

メールでの相談はこちらへ>>Click!!

※メール相談の場合は、爪の写真を添付して頂き、痛みの有無などをご入力ください。

 

放置する前に一度ご相談ください。
横浜巻き爪センター
045-560-1723