コットンを詰めるのは本当に有効?

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「爪がくい込んで痛い」

こんな時、皆さんはどうしていますか?

 

「コットンやティッシュを詰めて痛みを和らげている」という方もいるのではないでしょうか?

 

さて、この処置って、本当に巻き爪に有効なのでしょうか?

 

応えは、「一部有効」です。

「一部」とつく理由をご説明します。

 

巻き爪の痛みというのは、爪が巻き込み、指に食い込んだ結果、皮膚が圧迫されて生じます。

コットンを詰めるという処置は、この痛みを「和らげる」という点において有効となります。

コットンを爪と指の間に挟むことで、クッションの役割を果たし、皮膚への刺激が軽減します。

これにより、痛みが出にくい状況を生み出すことができます。

しかし、あくまでも「和らげる」だけであり、痛みの元を断ち切れる訳ではありません。

コットンを外せば、また痛くなってしまいますので、ずっとやり続ける必要があります。

したがって、「一部有効」なのです。

 

では、「有効」な処置とはなんでしょうか?

それは、「矯正」です。

爪の形を矯正し、きれいなアーチに戻すことができれば、食い込むことが無くなり、痛みが出ることもありません。

また、巻き爪矯正は、コットンを詰めるのとは違い、ずっと続ける必要はありません。

一度矯正が終了すれば、あとは予防しながら普通に生活できます。

 

「痛みをなんとかしたい」

「もう痛い思いをしたくない」

という方がいましたら、お気軽にお問い合わせください。

爪や指の状態を確認させて頂き、アドバイスさせて頂きます。

 

痛くない巻き爪矯正専門
横浜巻き爪センター
045-560-1723