自分が巻き爪なのか判断するポイントとは?

巻き爪はどこから巻き爪?

こんにちは。

横浜巻き爪センターの青木です。

巻き爪矯正で来院された方とお話をしていると、こんな質問をされることがあります。

「こっちの爪は痛くないんだけど、これは巻き爪になってるの?」

痛みがあり、爪が巻き込んでいれば、この爪は巻き爪なんだと考えると思います。

しかし、痛みが無いとなるとどこからが巻き爪なのか判断が難しいですよね。

そもそも、巻き爪とは爪が横に巻いている状態のことを指します。

しかし、爪には本来少なからずアーチがあり、このアーチがどこまで巻いたら巻き爪となるのか、という明確な定義はありません。

ただし、下記のような変化を感じている方は巻き爪になっている可能性があるので、早めにご相談下さい。

【見た目】

・他の爪に比べて、明らかに巻いている。

・以前はもっと平らだった。

・爪の端がホチキス針みたいになってる。

【痛み】

・普段痛くないが、爪を押すと痛い。

・靴によって痛みが出ることがある。

・爪の角を切れば痛くなくなる。

いかがでしょうか?

巻き爪は痛みが無い状態でも、ちょっとしたきっかけで痛みが出たり、悪化してしまうことがあります。

何故なら、爪がおかれている環境や生活習慣が変わらなければ巻き爪が自然に良くなることは無いからです。

 

~すでに痛みがあるという方へ~

爪の食い込みが強くなりすぎて、出血や化膿した場合、爪の矯正だけでなく、皮膚科で皮膚の治療が必要になることもあります。

ですので、少しでも「あれ?」と感じた場合は、早めにご相談ください。

横浜巻き爪センターでは、巻き爪矯正専門のスタッフが皆様の爪や指の状態をお聞きし、具体的なアドバイスをさせて頂きます。

 

痛くない巻き爪矯正

横浜巻き爪センター

045-560-1723