「切ったら痛くなくなる」の落とし穴

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

巻き爪による痛みを抱えている方には、ある共通の行為が見られることが多いです。

それは、「食い込んでいる爪を切る」です。

この記事をご覧頂いている方にも、思い当たる方がいるかもしれませんね。

 

なぜ、食い込んでいる爪を切るのでしょうか?

この答えも皆さん同じですが、「痛くなくなるから」です。

 

食い込んでいる爪を切れば、爪が指に刺さらないので、痛くなくなるのは当然です。

 

ですが、しばらくして、やはり皆さん共通して感じることがあります。

「また痛くなってきた」です。

 

爪を切ることで一時的に痛みが出ない状態を作り出せますが、時間がたてば、爪は伸びてきて、もともと食い込んでいた部分に刺さっていきます。

そのため、「切ったら痛くなくなる」は痛みを消してくれるのではなく、『痛みの無限ループ』を作り出してしまうことになるのです。

 

では、このループを断ち切るにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単です。

爪の形を矯正し、きれいなアーチにすればOKです。

爪が広がれば、指にくい込むこともありません。

 

横浜巻き爪センターでは、「切らない」「痛くない」「即効性のある」巻き爪矯正を行っています。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

また、矯正を受けられたお客様の声や、巻き爪矯正の症例も公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

 

即日矯正可能です。お電話はコチラから。
横浜巻き爪センター
045-560-1723