「おばあちゃんも、お母さんも、妹も、巻き爪です。」

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

「巻き爪は遺伝しますか?」

こんな質問を頂くことが度々あります。

 

本日のタイトルは、「おばあちゃんも、お母さんも、妹も、巻き爪です。」というものにしました。

もう答えを言っているようなものなのですが、遺伝する可能性はあると思います。

「あると思う」とやや曖昧な表現をしたのは、実は科学的には立証がされていないからなんです。

ですが、来院されている方に「ご家族に巻き爪の方はいますか?」と聞くと、「父が」「母が」という答えが返ってくることも多く、それらを鑑みても遺伝する可能性はあるのではないかと思います。

 

「遺伝ならもうあきらめるしかないの?」

 

 

いいえ、そんなことはありません。

確かに、遺伝も含め、体質的に巻きやすい方はいますが、矯正は可能です。

遺伝だから、体質だから、と辛い痛みを我慢する必要はありません。

大切なのは、巻き爪による痛みに、どのように対応していくかです。

 

そのひとつに、巻き爪矯正があります。

巻き込んでいる爪の形を広げることができれば、爪が指にくい込むことも無くなり、痛みから解放されます。

また、巻き爪は、予防することがとても重要です。

広がった爪が戻らないように、爪や足の環境を整えることができれば、体質や遺伝であっても、再発を防げる可能性も十分あります。

 

当センターでは、再発予防のアドバイスをしておりますので、巻き爪で悩んでいる方は、お気軽にお問い合わせください。

Tel:045-560-1723

 

最後に、ご家族で通院をされている方の感想をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

※画像をクリック(タップ)すると、詳細をご覧頂けます。