【切っても再発する⁈】巻き爪の角を切っても再発する理由とは?

こんにちは。
横浜巻き爪センターの青木です。

以前紹介したブログで爪を切る(手術)をしなくても改善できる巻き爪もたくさんあると紹介しました。
以前のブログはこちら
【手術しかない⁈】爪を切る(手術する)前に一度ご相談ください。

 

今回は実際に爪を切ったのに巻き爪が再発してしまう理由をお伝えします。

巻き爪が痛いのは、爪が食い込んで皮膚を圧迫しているからなのですが、「爪の角を切る」というのは、その食い込んだ爪を除去するということです。

 

当然、食い込む爪が無くなるので、痛みは出ません。

 

しかし、ここで注目して頂きたい所があります。

 

それは巻き爪になっている『爪の根元』です!

 

爪の根元も巻き爪になっていませんか?

 

巻き爪は爪の先端の方が痛みが出やすく、巻き込みも強いので、意識が向きやすいですが、実は爪の根元から巻いていることがほとんどなんです。

 

つまり、爪の角を切っても巻き爪が再発してしまう理由は…

 

爪を切って楽になったとしても、数ヶ月経つと根元の巻いた爪が伸びてくるので、元の巻き爪に戻ってしまうからです。

 

当センターでは、出来る限り巻き爪の再発率を下げるために、爪の角は切らずに、爪の根元まで矯正する施術を実施しております。
爪の根元まで矯正する方法はこちらクリック↓↓↓
【ポイントは爪の根元】巻き爪を根元まで矯正する方法とは?

 

また、巻き爪の矯正に加え、巻き爪を予防(再発予防)するための爪の切り方や靴の履き方も個別にアドバイスしております。
巻き爪の予防に関してはこちらのをクリック↓↓↓
横浜巻き爪センターでは、巻き爪予防にも力を入れています。

 

実際に当センターで矯正を受けられた方のインタビュー動画も配信していますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

もし、巻き爪が痛くて爪の角を切りたいと感じたことがある方は、爪を切る前に当センターにご相談ください
tel:045-560-1723

切らない巻き爪矯正
横浜巻き爪センター