【痛いから切っちゃう】深爪の状態でも即日矯正可能です。

こんな切り方していませんか?

この切り方ですと、深爪になってしまうので、巻き爪になりやすくなります

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

先日、

 

「痛みが出るたびに爪を切ってしのいでいました」

 

と言って、深爪の状態で来院された方がいらっしゃいました。

 

その方は病院に行った際に、

 

「まず爪を伸ばして下さい」

 

と言われたそうです。

 

しかし、爪が伸びてくると痛くなるので、なんとかしたいと思い、当センターに来院されたそうです。

 

 

巻き爪になると爪が皮膚に食い込むので、痛みが発生します。

 

そのため、食い込んだ爪の角を切ってしまえば、皮膚の圧迫が無くなるため、痛みがなくなります。

 

しかし、爪を切って深爪になると爪が伸びてくる際に、爪が内側に食い込みながら伸びてくることがあります。

 

つまり、爪を切っても爪の形は変わらないため、元の巻き爪に戻ったり、さらに巻き爪が悪化したりしてしまいます。
巻き爪を予防する正しい爪の切り方はこちらをクリック

 

でも、

 

痛みに耐えながら爪が伸びるのを待つのはとても辛いですよね。

 

そんな爪の食い込みによる痛みがある方は矯正により爪の形を改善することで、痛みで何度も深爪を繰り返す習慣から脱却できるかもしれません。

 

当センターで採用しているB/Sスパンゲ法は、そのような辛い思いをせずに、

 

深爪でも即日矯正を始めることが可能です。

 

爪の表面に特殊なプレートを装着するだけですので、爪が伸びているかどうかは関係ありません。

「巻き爪が痛くて爪を短く切ってしまった」という方は爪が伸びるのを待つ必要はありませんので、1度ご相談ください。
tel:045-560-1723

これまで矯正を受けられた方の感想をご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

毎日予約受付中
横浜巻き爪センター