【歩き方が問題!?】巻き爪と歩行の関係について | 横浜巻き爪センター

【歩き方が問題!?】巻き爪と歩行の関係について

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

「腰を痛めてから歩き方が変になったんだけど、それが原因かね?」

 

 

今日来られた男性より、こんな質問を受けました。

 

巻き爪になる原因はたくさんありますが、実は歩き方も関係していることがあります。

 

 

正しい歩き方は、

 

踏み出した足の踵から地面に着き、指先で地面を蹴って一歩踏み出す

 

という流れになります。

 

 

これができていないと、爪に影響が出ることがあるんです。

 

 

たとえば、靴のかかとの減りが早いなんてことはありませんか?

 

かかとをするように歩く癖がついている方は、指先で地面を蹴らずに歩いている可能性があります。

 

他にも、腰や膝を痛めて、かばいながら歩いている方は、歩行リズムが崩れているため、やはり指先が使えていない可能性があります。

 

 

どうして指先を使わないと爪が巻いてくるのでしょうか?

 

 

それは爪の性質に関係があります。

 

爪は本来、何もしなくても巻いていく性質を持っています。

 

そのため、誰でも巻き爪になる可能性があると言えます。

 

ただ、歩くときに指先で地面をしっかりけることができていれば、その力が爪に作用し、巻くのを防いでくれるのです。

 

言葉では分かりにくいので、下の図をご覧ください。

 

蹴りだすときに、地面から指が突き上げられるので、爪のアーチも一緒に突き上げてくれます。

 

その結果、爪のアーチを維持しやすくなるのです。

 

 

既に巻き爪になってしまったとしても、矯正中や矯正後に正しい歩き方ができていれば、再発の予防が可能です。

 

また、腰痛などでどうしても歩き方が崩れてしまう方は、当センター併設のプライミー鍼灸整骨院にて治療が可能です。皆さまのお体のトータルサポートをさせて頂きますので、お気軽にお電話ください。

Tel:045-560-1723