【お灸が効果的】爪白癬の治療に不安のある方へ | 横浜巻き爪センター

【お灸が効果的】爪白癬の治療に不安のある方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

なんだか爪の色が変だな?

 

病院(皮膚科)で検査を受けたら、爪白癬(※)と診断をされ、今後の治療に不安を感じている方もいるでしょうか。

 

※爪白癬(つめはくせん)とは水虫の原因菌となる白癬菌(はくせんきん)が爪に感染している状態のことです。別名、爪水虫と呼ばれることもあります。

 

爪白癬の治療は、内服薬(飲み薬)または外用薬(塗り薬)を使用するのが主となります。

 

 

治療期間は、

 

菌がいない爪に生え変わるまで

 

となりますので、最低半年程度はかかります。

 

 

“最低”半年と表現したのは、爪白癬が非常に治りにくい疾患で、治療が長引く人が多いからです。

 

中には、1年や2年、それ以上治療を続けている方もいます。

 

 

横浜巻き爪センターでは、薬による治療効果を上げるための、お灸を行っております。

 

 

爪にお灸?

 

と思われるかもしれませんが、白癬菌には熱に弱いという性質があり、それを利用した施術になります。

 

薬の作用に加え、お灸による温熱刺激を患部に施すことで、菌の繁殖を抑制し、治療の成功率を上げることが可能です。

 

 

当センターでは、すべての施術を灸師(※)が行いますので、安心してご相談ください。

 

施術内容のお問い合わせやご予約は、こちらへお電話ください。

Tel:045-560-1723

 

灸師とは、灸施術に関する国家資格所有者で、日本国内でお灸の施術ができるの、医師を除いては灸師のみです。

 

爪白癬への灸施術に関しては、こちらもご覧ください。

お灸による爪白癬の施術について>>Check!!