【痛くないけど】巻き爪が悪化して爪が切りづらくなってきた方へ | 横浜巻き爪センター

【痛くないけど】巻き爪が悪化して爪が切りづらくなってきた方へ

正しい爪の切り方もご紹介しております

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

先日、両足の人差し指が巻き爪になっている方が来院されました。

 

親指以外も巻き爪になるの?と思った方はこちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ 
親指以外の巻き爪でお悩みの方へ

 

来院された方は片方の爪は痛みがあり、もう片方は「痛くないけど、自分で爪を切りづらくなってきた」ということで、両方の人差し指の矯正をスタートしました。

 

今回来院された方のように巻き爪になったことで、爪が切りづらくなったという方は当センターにたくさんいらっしゃいます。

 

親指はもちろんですが、親指以外の小さな爪が巻き爪になると、自分でキレイに爪切りするのはとても大変ですよね。

 

当センターでは矯正する爪の長さはもちろんこちらで調整します。

 

さらに、矯正をしない爪もご希望であれば爪切りをする事ができます。

 

巻き爪は一度爪が巻いてしまうと、自然に爪の形が元に戻ることはほぼありません。

 

そのため、切りづらくなった爪は形を矯正しない限り、ずっと切りづらい状態が続いてしまいます。

 

すると、爪切りを失敗して、痛くなかった巻き爪が急に痛くなってしまうこともあります。

 

そのため、普段痛くない巻き爪も、爪が切りづらくなってきたり、明らかに以前より巻いてきたりしている方は一度当センターにご相談ください。
tel:045-560-1723

 

自分で爪を切るのが難しくなる理由は他にもあります。

・目が悪くて自分で爪切りするのが恐い。
・巻いた爪が厚くなって切りづらい。
・体が硬くてうまく爪切りができない。

もし、同じような悩みを抱えている方はぜひ一度ご相談ください。

 

間違った爪の切り方は巻き爪になってしまう原因にもなりますので、下記の巻き爪を予防する正しい爪の切り方もご覧ください。

巻き爪を予防する正しい爪の切り方

毎日夜9時まで受付しています。
横浜巻き爪センター