【爪切り動画あり】普通の爪切りと巻き爪用の爪切りどっちがいいの? | 横浜巻き爪センター

【爪切り動画あり】普通の爪切りと巻き爪用の爪切りどっちがいいの?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

以前のブログで巻き爪になると爪が切りづらくなるというお話をしました。

以前のブログはこちらをクリック↓↓↓
【痛くないけど】巻き爪が悪化して爪が切りづらくなってきた方へ

 

今回は爪を切るための爪切りについてご紹介したいと思います。

 

巻き爪の矯正中によくこんな質問を受けることがあります。

 

「巻き爪だから爪切りは巻き爪用の爪切りを買った方がいいんですよね?」

 

確かに当センターでも、爪の形を整える際に、このような爪切りを使用しています。

 

通常の爪切りとは異なる刃先になっているため、巻いている爪でも、適切に切ることが可能です。

 

しかし、通常の爪切りとは刃先が異なるため、使い慣れていないと、力加減や、刃を入れる角度などが難しく、自分の思い通りに切れないことがあります。

 

すると、短く切りすぎてしまったり、爪が割れてしまう可能性があります。

 

短く切りすぎて、深爪になると、巻き爪の原因になってしまうこともあります。

 

実際に当センターに来られている方でも、「買ったけど使ってない(使えない)」という方もたくさんいらっしゃいました。

 

そのため、普段使っていてる爪切りで切れる場合は巻き爪用の爪切りを購入しなくても良いと思います。

このような普通の爪切りでも巻き爪を予防する爪切りは可能です。
巻き爪を予防する正しい爪の切り方はこちらをクリック

 

もし、爪が巻き込んで上手く爪切りができない場合は巻いた爪の形を矯正することで解消できるかもしれません。

 

また、巻き爪を放置すると何かの衝撃で悪化して、痛みが出てしまうことがあります。

 

少しでも巻き爪が気になってきた方はお気軽にご相談ください。
tel:045-560-1723

 

 

【巻き爪を予防する正しい爪切り動画】
※BGMが流れますので、音量にご注意ください。

土日も毎日受付
横浜巻き爪センター