【爪白癬に効果的】飲み薬が使えなくなってしまった方へ | 横浜巻き爪センター

【爪白癬に効果的】飲み薬が使えなくなってしまった方へ

こんにちは。

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

爪白癬の治療は、内服薬(飲み薬)を用いることが多いです。

 

しかし、この薬は、口から摂取して爪の先まで効くほど作用が強い薬のため、使いすぎると肝臓に副作用が出てしまいます。

 

そのため、医師もずっと処方し続けることが難しいのです。

 

内服薬で完治しなかった場合は、外用薬(塗り薬)に変わります。

 

外用薬は、内服薬に比べ効果が落ちるため、長期間の治療が必要になる場合もあります。

 

 

もし、このブログをご覧頂いている方で、

 

「自分も塗り薬に変わった」

「もう何年も治療をしている」

 

という方へ、ぜひ知って頂きたい情報があります。

 

 

爪白癬に対してお灸が有効なのをご存知でしょうか?

 

爪白癬の原因となる白癬菌は、熱に弱いという性質があるため、薬の作用に加え、お灸による温熱刺激を加えることで、治療の成功率を上げることが可能です。

 

 

お灸にご興味のある方は、お気軽にお電話ください。

Tel:045-560-1723

 

 

お灸の施術に関しては、こちらもぜひご覧ください。

お灸による爪白癬の施術について>>Check!!

 

 

※医師より処方される薬は、爪の状態により変わるため、必ずしも内服薬が処方されるとは限りません。医師の指示に従い、治療を行ってください。