【似てるようで違う】巻き爪と陥入爪の違いは? | 横浜巻き爪センター

【似てるようで違う】巻き爪と陥入爪の違いは?

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

爪が食い込んで痛い

 

ネットで調べると、「巻き爪」や「陥入爪(かんにゅうそう)」という単語が出てくると思います。

 

でも、

 

何が違うの?

 

自分の爪はどっちの症状?

 

となってしまう方が非常に多いです。

 

 

今回は、この2つの違いを簡単にご説明いたします。

 

 

巻き爪

爪が横に巻いている状態を指します。

 

巻いた爪が指に食い込むため、その部分に痛みが出ることがあります。

 

 

必ず痛みが出るわけではないため、巻き爪だと気づかない方もいます。

 

巻き爪矯正を行うことで、食い込んだ爪が広がり、痛みも出なくなりますので、早めの矯正をおすすめします。

 

 

陥入爪

爪が指に食い込み、皮膚が炎症(腫れる、化膿するなど)を起こしている状態を指します。

 

深爪を繰り返している方に多く見られます。

 

 

深く切った爪が食い込みながら伸びることで、炎症を起こし、陥入爪となります。

 

炎症を伴うため、強い痛みを感じることが多いです。

 

陥入爪は、爪が巻いていない場合、巻いている場合、どちらでも起こりえます。

 

 

巻き爪を併発している場合は、巻き爪矯正が効果的な場合もありますが、炎症の状態により、皮膚科での治療が必要となる場合おあります。

 

自分の爪が、巻き爪なのか陥入爪なのかわからないという方は、そのままにせず、一度ご相談ください。

Tel:045-560-1723

 

爪や指の状態を確認させて頂き、今後のアドバイスをさせて頂きます。