【痛みの原因ってこれ??】梅雨に履くレインブーツは要注意

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

梅雨の季節に活躍するアイテムのひとつにレインブーツがあります。

 

一昔前は地味な長靴ばかりでしたが、最近はオシャレなものも出てきましたね。

 

昨年に続き、今年も雨が少ない梅雨になっていますが、いざ雨が降れば、レインブーツは心強い味方です。

 

雨の日に大活躍のレインブーツですが、歩きやすさという点においてはどうでしょうか。

 

「雨には濡れないけど、ちょっと歩きにくいなー」

 

「中で足がずれなければいいのに」

 

なんて思ったことはありませんか?

 

 

レインブーツの多くが、塩化ビニールゴムを素材として作られています。

 

塩化ビニールから作られたレインブーツは、傷つきにくく長持ちするのですが、いわゆる普通の靴と比べて収縮性がないため、硬いという印象を受けることが多いです。

 

そのため、足の形に合わせてフィットさせることが難しく、大きめのサイズを履くという方もいます。

 

その結果、中で足がずれてしまい、雨で濡れた地面を歩く時に踏ん張りがきかないなど、歩きにくいと感じることがあります。

 

歩きにくい状態が長く続くと、足への負担も大きくなります。

 

特に、足が前方へずれた状態は、つま先が窮屈になっていることが多く、これが巻き爪のきっかけとなる場合があります。

 

 

「もしかして巻き爪??」

 

「最近親指が痛いことがある」

 

といったことがありましたら、一度ご相談ください。

 

爪が食い込んで痛みが出ている場合は、巻き爪矯正でその痛みから解放されます。

 

お気軽にお電話下さい。

Tel:045-560-1723