【本日のご相談】2~3年かけて徐々に悪化してきました。 | 横浜巻き爪センター

【本日のご相談】2~3年かけて徐々に悪化してきました。

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

当センターでは、メールによる無料相談を実施しています。

 

先日、こんな内容の相談がありました。

 

「2~3年前から気になっていたのですが、最近痛みが強くなり、赤くはれるようになってしまいました。」

 

このように、徐々に症状が進行し痛みが強くなってくるケースは多く、同様のご相談を受けることが多々あります。

 

 

なぜ、症状が徐々に悪化してしまうのでしょうか?

 

その理由は大きく2つあります。

 

理由① 巻き爪が自然に広がることはほとんどない。

一度巻いた爪は、基本的にはそのままか、さらに巻き込んでいきますので、放置することで巻き方が強くなることが考えられます。

 

理由② 爪が食い込みやすい環境になっている可能性が高い。

爪が巻いてくるのは、爪の切り方、靴の履き方、職場環境など、外的な要因によるものが多いです。

そしてこれらの環境は意識しなければ変えることが難しいため、巻き始めた状態で放置すれば、さらに巻き込んでいく可能性が高いです。

 

 

従いまして、

 

「あ、巻き爪かも」と思ったら、どれだけ早く対応できるかがポイントになります。

 

放置は悪化の原因を作るようなものなので、早めに、早めにご相談ください。

 

こちらへお電話頂ければ、その場で状態の確認をさせて頂きます。

Tel:045-560-1723

 

また、メールでの無料相談も承りますので、メール相談をご希望の方はこちらの記事を参考にしてください。

メールによる無料相談のやり方について