【その靴の履き方が巻き爪の原因!?】正しい履き方で巻き爪を予防しよう | 横浜巻き爪センター

【その靴の履き方が巻き爪の原因!?】正しい履き方で巻き爪を予防しよう

こんにちは横浜巻き爪センターの落合です。

 

巻き爪の予防方法は数多くありますが、

 

今回は靴の履き方を変えるだけで巻き爪を予防できる方法をお伝え致します。

 

普段日常生活でこんな履き方をされていませんか?

 

①履くときに靴の先端をトントンする。

 

②靴紐を結び直さずに履く。

 

いかがですか?

 

思い当たる節はあるのではないでしょうか?

 

それでは①、②何が悪いのか簡単にご説明致します。

 

①靴の中で爪先が靴の先端に押し当てられて、常に圧迫がかかっている状態になります。すると、爪が巻く方向に力が加わり、巻き爪になりやすくなってしまいます。

 

②足が靴の中で遊んでしまうので、靴の中で爪と指が圧迫され、爪に外力がかかります。そして、①と同様な現象が起きてしまいます。

 

正しい靴の履き方はこちらです

 

①靴に足を入れ、踵をトントンする

靴先1cmぐらいの隙間ができる様にする。

 

②つま先に近い部分から紐を締める

 

③最後に紐をしっかりと結ぶ

 

これを行いますと足が固定されます。

結果→巻き爪の予防になります。

是非やってみて下さい。

 

動画もありますのでこちらをご覧ください。

 

音声が流れますので音量にお気をつけ下さい。

 

当院は10時から~21時まで営業していますのでお仕事や、部活帰りの方でも安心です。

 

是非ご連絡下さい。

横浜巻き爪センター  tel: 0455601723