【本日のご相談】3歳半の子供が巻き爪かもしれない | 横浜巻き爪センター

【本日のご相談】3歳半の子供が巻き爪かもしれない

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

本日、こんなご相談を頂きました。

 

3歳半の子供が、巻き爪かもしれないんです。父親が巻き爪なので、心配で・・・」

 

 

お子様を思うご家族のお気持ちは、とても良くわかります。

 

当センターには、子どもの巻き爪に関するお問い合わせもたくさん頂いており、現在最年少で7歳のお子さんが来られています。

 

 

冒頭の相談を受けた3歳半のお子様の爪ですが、状態を確認したところ、巻き爪ではありませんでした。

 

まずはひと安心です。

 

ですが、お父様が巻き爪ということですので、遺伝的に巻きやすい可能性もありました。

 

そのため、巻かないように予防することがとても大切であることをお伝えしました。

 

 

ご家庭でできる主な予防策には以下のようなものがあります。

 

①爪を正しく切る

爪の長さは指先と同じくらいで、角は四角く残す。

 

②靴を正しく履く

サイズの合っているひもの靴で、履くときはかかとに合わせてつま先側から紐を締めて結ぶ。

 

 

小さなお子様の爪は、薄く柔らかいです。

 

そのため、爪の切り方を間違えたり、靴による圧迫が続くことで、簡単に食い込んでしまいます。

 

今回のケースのように、3歳半という未就学児の場合は、予防が本当に重要です。

 

 

もし、お子様の爪が気になる、不安があるという場合は、お気軽にお電話下さい。

Tel:045-560-1723