【妊娠中でも安心です】母体に負担のない巻き爪矯正

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

先日、こんな内容のメール相談を頂きました。

 

皮膚科では手術が必要と言われました。

しかし、現在妊娠中のため、手術はできればしたくありません。

そちらでは手術せずに治療ができるのでしょうか?

 

答えはYesです!!

 

横浜巻き爪センターで採用している巻き爪矯正は、B/Sスパンゲ法というドイツ式巻き爪矯正です。

 

最大の特徴は切らないから痛くない!!

 

 

外科処置は一切ありませんので、もちろん麻酔や出血もありません。

 

妊娠中の女性でも、母体はもちろん、おなかの赤ちゃんにも一切負担をかけることなく巻き爪を矯正することが可能です。

 

 

妊娠による体型の変化から巻き爪を発症し、食い込みの痛みが出ている方もたくさんいます。

 

つらい痛みを我慢しながら出産まで過ごすのはとても不安だと思います。

 

当センターでは、妊娠中の方でも安全安心に受けて頂ける環境やプランをご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

こちらは、実際に当センターで妊娠中に矯正を受けられた方の直筆の感想です。

 

同じ悩みを抱えている方もたくさんいますので、まずはお電話下さい。

Tel:045-560-1723

 

きっとお力になれると思います。

 

 

※妊娠中の矯正をご希望の方へ

B/Sスパンゲ法は、とても安全な矯正法です。しかし、妊娠中は、おなかに赤ちゃんがいる特別な状態です。そのため、事前に主治医へ巻き爪矯正することをご相談ください。「巻き爪の矯正をしても問題ない」という同意を得て頂けますと、より安心して施術を受けて頂くことができます。

詳しくは、ご予約の際にスタッフへお尋ねください。