【最短3ヶ月】巻き爪矯正は歯の矯正よりも早く終わります。

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

矯正

 

 

この言葉を聞いて最初にイメージするものってなんでしょう?

 

おそらく、歯の矯正をイメージする方が多いと思います。

 

一般的に、歯列矯正は1年~2年程度の矯正期間が必要とされます。

 

年単位で通院が必要となると、ちょっと長いなと感じる方もいると思います。

 

 

巻き爪矯正も、「矯正」という言葉のイメージから、同じように長期間かかると思い、腰が重いと感じてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、巻き爪矯正に必要な期間は、軽度の巻き爪であれば、最短3ヶ月、半年かからずに終えることが可能です。

巻き方の程度による矯正期間の目安は以下の通りとなります。

軽度 3~5ヶ月
中度 6ヶ月前後
重度 6ヶ月以上

※通院は4週間に1回となります。
※爪の状態により矯正期間は変動します。目安として参考にしてください。

 

しかも、痛みに関しては、巻き方の程度に関係なく、ほとんどの方が1回の施術で軽減や消失を実感されています。

 

歯の矯正のイメージがあって、「長くかかるのは嫌だな」と思っていた方は、ぜひ一度お電話下さい。

Tel:045-560-1723

 

まずは電話で爪の状態を確認させて頂き、簡単にご説明させて頂きます。