【本日のご相談】痛いけど、ほとんど巻いてません

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

本日はこんな相談を電話で頂きました。

 

 

靴を履くと足の親指が痛くて、色々調べたら巻き爪なのかな?って思って。

 

でも、自分では爪はほとんど巻いてないように見えるので、これはどうしたらいいのかと思い電話をしました。

 

 

このご相談もよく頂きます。

 

爪が巻いていれば、指に食い込みますので、想像しただけでも痛くなるのが分かります。

 

ですが、この写真のようにぱっと見て全然巻いてないのに、痛みがあるとなると、「巻き爪なのかな?」と不安になると思います。

 

そんな時は、一度当センターへお電話下さい。

TEL:045-560-1723

 

 

見た目は普通でも、端っこだけ巻いている場合は、痛みを感じることがあります。

 

その場合は、巻き爪矯正によりその痛みから解放される可能性が高いです。

 

まずは電話にて爪の状態を確認させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

 

<爪の巻き方と痛みの関係について>

巻き爪による痛みは、爪が皮膚に食い込み圧迫していることが原因です。

そして、一般的にはこの圧迫が強ければ強いほど痛みも強くなります。

しかし、必ずしもこれが当てはまるとは限りません。

たとえば、重度の巻き爪になっている方でも、痛みを全く感じない方もいます。

反対に、ほとんど巻いてないのに、強い痛みを感じる方もいます。

これは、爪の食い込む角度や、日頃の生活環境も影響するため、痛みの程度は本当に個人差があります。

そのため、形は普通でも、痛みがある場合は一度ご相談ください。