【もしかしたら一生!?】割れた爪の放置しないでください!!

こんにちは。

 

横浜巻き爪センタースタッフの岡野です。

 

 

ぶつけたり踏まれたりして、爪が割れてしまった場合は、まず割れ方を確認してください。

 

亀裂(ヒビ)が入っている状態はとても危険です。

 

中でも、縦に亀裂が入った場合は、早めの対応がカギとなります。

 

 

爪が縦に割れてしまった場合、それが爪の根本までいってしまうと、爪母細胞を傷つける可能性があります。

爪母細胞(そうぼさいぼう)とは・・・

爪を生成する細胞で、爪の根本、皮膚に覆われている部分に存在します。

 

爪母細胞が損傷すると、健康的な爪が生成されなくなることがあります。

 

その場合、以下のような現象が生じます。

 

■爪が厚くなる

■爪にスジが入ってしまう

■爪が変形する

■爪が変色する

■爪が生えてこない

 

必ずしもこれらの現象が生じるわけではありませんが、その可能性があります。

 

一度傷ついた細胞は元に戻らないため、ずっと上記のような爪が伸びてくるようになります。

 

そうならないためにも、縦に亀裂が入った場合は、早めの処置が必要です。

 

 

横浜巻き爪センターでは、「割れ爪補正」というメニューをご用意しております。

 

亀裂部分に特殊なカバーをかぶせ、それ以上悪化しないようにすることが可能です。

 

カバーが付いた状態で安全に爪を伸ばすことで、元のきれいな爪に戻すことが可能です。

 

 

もし爪が割れてしまった方は、お気軽にお電話下さい。

Tel:045-560-1723