【月1回の通院でOK】巻き爪矯正が終わるまでの期間はどれくらい?

こんにちは。
横浜巻き爪センタースタッフの青木です。

 

以前のブログで、当センターの巻き爪矯正には「即効性がある」とご紹介しました。
以前のブログはこちらをクリック↓↓↓
【即効性の仕組み】プレート矯正で即日効果を実感できる理由とは?

 

今回は巻き爪矯正を受けられるほとんどの方が気になると思われる

「巻き爪矯正が終了するまでの期間」

についてご紹介致します。

 

皆さんそれぞれの予定がありますので、矯正期間というのはとても気になりますよね。

 

以前のブログでご紹介したように、当センターで矯正を受けられた方は、1回の施術で痛みの消失、あるいは明らかな変化を感じられている方がほとんどです。

爪の圧迫が無くなると痛みが軽減されます

 

ただし、巻き爪矯正は、痛みが出なくなったら終わりではありません。

 

 

巻き爪のほとんどは根元まで巻いているため、爪の根元、つまり爪の生え方を変える必要があります。

 

爪の生え方までしっかり矯正することで、再発率を限りなく低くすることが期待できます。
※爪の生え方の矯正については次回以降にご紹介致します。

 

爪の生え方まで矯正するために必要な、矯正期間の目安は、以下のようになっています。

 

巻き爪矯正期間の目安

軽度の巻き爪 ・・・ 3~5ヶ月前後

中度の巻き爪 ・・・ 6ヶ月前後

重度の巻き爪 ・・・ 6ヶ月以上

※通院は4週間に1回となります。
※爪の大きさ・厚さ・硬さ・巻き方などにより、期間が前後する場合もあります。

 

もし、巻き爪の痛みを我慢しているという方は、すぐに当センターにお電話ください。
045-560-1723

土日も夜9時まで受付
横浜巻き爪センター