【巻き爪は靴が原因!?】正しい靴の選び方のポイント5

こんにちは。横浜巻き爪センターの落合です。

 

以前私が担当したブログでは

 

『痛みを防ぐ靴の履き方3つのステップ』ご紹介しました。

 

今回紹介する【靴の選び方】と関係性が高いので、

 

まだチェックしていない方はこちらをご覧下さい。

 

ところで皆さん今はどんな靴を普段履いていますか?

 

今回は靴を選ぶ際の5つのポイントについてお伝えします。

 

なかなかスニーカーを履く機会が無い方も是非一度目を通してください。

 

①紐やマジックテープで足を固定できるもの

紐やマジックテープあがあると、足と靴を安定させることができ、巻き爪の温床となる、靴の中での接触を防ぐことができます。

 

②クッション性のあるもの

巻き爪予防とは、直接関連は薄いですが、痛みをかばって歩いている足には、クッションがあるだけで負担が大きく軽減します。

 

③ 踵(かかと)部分がフィットするもの(V字型でアキレス腱までフィットするもの)

アキレス腱が固定されるので足の安定感がよくなります。ひいては、①でご紹介したように、足が安定し、巻き爪の予防に一役買います。持ちろん、疲労もしにくくなりますよ。

 

④ 足のサイズに合ったもの

当然、小さ過ぎるのは良くないですが、実は大きすぎても巻き爪の原因になります。靴が大きすぎると、足が靴の中で遊んでしまい、結果、①でご紹介したような効果が得られなくなってしまいます。

 

⑤つま先がサイドスクエア(幅広い形)になっているもの

靴の先が狭いタイプを履いていると、指同士が重なり、

 

爪が横からの圧力を受けるので巻きやすくなります。

 

 

 

 

今あなたが履いている靴をいくつ当てはまっていましたか?

 

当てはまるポイントが多ければ多いほど良い靴です。

 

本当に自分に合った靴を選ぶ時は、是非、この条件で探してみて下さい。

 

 

巻き爪でお悩みの方はお電話下さい。

 Tel: 045-560-1723