【その割れ爪危険!?】痛みがない割れ爪補強

こんにちは。

 

横浜巻き爪センターの落合です。

 

10月25日に私が書いた記事では割れ爪の危険性についてお話し致しました。

 

まだ確認していない方はこちらをお読みください。

 

爪が割れていて、その爪が何らかの影響で根元まで割れてしまうと

 

爪を作る細胞に傷をつけてしまう可能性があります。

 

傷がついてしまうと、

 

爪が変形

 

爪の変色

 

爪が生えてこなくなったり

 

割れてしまった爪しか生えてこない

 

必ずしも、上記の症状が現れるわけではございませんが、リスクはあります。

 

そのような状況を防ぐために、こちらでは割れ爪矯正をしています

 

矯正方法は割れた爪の上に加工された矯正用プレートを特殊な接着剤で貼るだけです。

 

痛みは全くございません!!!

 

実際につけた画像は下記の画像をご覧ください。

 

画像の爪切りは間違った切り方です。正しい爪の切り方はこちらをご覧ください。

 

真ん中の丸い所にプレートが貼ってあります。 実際にみるともう少し透明に見えます。

 

 

これを装着することにより割れ爪が進行しにくくなり、もとの爪になる事が期待できます。

 

もし爪が割れていたらとても危険な状態です。

 

ご相談だけでも構いませんので一度お電話ください。

 

横浜巻き爪センター

 

tel:045-560-1723